2019-01-31

ドライヤーで乾かす前に~コームでとかす~

ヘア・アンジェリーナのマツオです。

 

いつも、ヘアケアについてはお客様にお話ししていますが、

髪を乾かす前の、コーミングすることの大切さをしばらくぶりに書いてみたいと思います。

 

髪をドライヤーで乾かすことは、かならずやってほしいことですが、

タオルドライしただけの、まだ濡れている髪をそのまま乾かしていませんか?

タオルドライの後は、必ず、コーミングしてほしいと思います。

 

シャンプー→タオルでふき取り(タオルドライ)→くしでとかす→ドライヤー

↑この順番です。

 

コームでとかすだけですが、重要です。

 

■ブラシは毛がたくさんついたもので、乾いた髪につかいます。

■コームは平たい、くしです。

↑ルーヴルドーのジャンボコーム(1800円税別)

 

濡れた髪をコーミングすることで、

びしょびしょに濡れた水分を、毛先に持ってくることが出来ます。

タオルドライした髪は、すでに、毛先がちょっと乾いてませんか?

でも、根本近くの健康な髪の所は、しっかり濡れていますよね?

 

なので、

 

根本の水分を毛先に持ってきて、髪の水分を均等にしてから、

髪を乾かしてほしいのです。

 

そうすることで、

毛先ばかりが乾いてしまう・・ということが避けられます。

なので、傷ませずに乾かすことが出来るのです。

それに、根本の余計な水分が減りますので、ドライヤーの時間が短くて済みます。

 

時短・楽・美しい

 

ちょっとしたひと手間で、髪は徐々に美しくなっていきます。

良くなる時はわかりにくいものです。

地味~な作業ですが、わずか1分もかからないことでしょう。

やってみてください。

 

このことだけお伝えしただけで、

「かなり髪のまとまりが良くなった」と、

何人ものお客様から感想がありましたので、やってみてください。

 

濡れた髪をとかすだけです。

 

写真は左からルーブルドーの、

パドルブラシ(6450円税別)

ジャンボコーム(1800円税別)

カットコーム(1600円税別)です

 

こちらのジャンボコームは、目が広すぎず、狭すぎず、

ちょうど良い塩梅(←字あってますか?)で、使いやすいです。

カットコームは美容師が使う物ですが、厚みのある髪の量の方には向いています。

 

育成光線が出ていますので、単にプラスチックの物よりも、ずっと髪が潤います。

乾いた髪にも使えます。出先でちょっと梳かすには軽くてよいと思います。

 

アンジェリーナに在庫ございます。

 

Hair Angelina マツオ

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す