2018-12-05

ボヘミアン・ラプソディ(ネタバレなし)

ヘア・アンジェリーナ のマツオです。

確か11月9日公開だったと思いますが、

合間をぬって、

映画 「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

 

伝説のイギリスのバンド、

Queenのフレディ・マーキュリーに

焦点を当てた、ほぼ実話です。

 

……と、いうか、もう、良すぎて、2回観に行っちゃいました。

 

いや、もう、最高!

めちゃくちゃ入り込みました。

観ている間中、ほとんど動かなかったと思います。

クイーンの音楽も脚本も役者も、素晴らしかったです。

 

まともにクイーンを聴いたことが無かったのですが、

ほとんど全曲知ってる自分に驚きでした。

 

最初は、フレディ役の方が、

フレディというより、

ミック・ジャガーに似てない?とか、

プリンスの方が似てるんじゃない?とか思いながら観てたのですが、

すぐに映画に入り込んでしまって、

本当のフレディに見えました。

 

沢山のメッセージが詰まった、

素晴らしい作品だと思います。

 

鑑賞後の帰り道では、

クイーンの音楽を早く聴きたくて、

急いで家に帰り、あれから1ヶ月、

ずーっとクイーンを聴いています。

 

フレディのパフォーマンスに目が離せなくなってしまって、

ライブ映像を探しては、観まくっています。

 

DVDも2本購入してしまいました。

 

 

もうすっかりクイーンファンになってしまったようです。

素晴らしいのは、

フレディだけでなく、Queenのメンバーが皆、

それぞれ才能豊かで、素敵だったということです。

 

ドキュメンタリー映像の中で、

ギター担当の、ブライアン・メイが、

「フレディの生き方は、みんなのお手本になるはずだ」

と言ってました。

 

正直に自分を貫いて、

真剣に高みを目指した生き方そのものが、

多くの人に今も影響を与えていると思います。

 

それにしても、

わたしはフレディは、そーとーハンサムだと思うんですが、

世間的には違うんですか?

 

 

↑若かりし頃のフレディ・マーキュリー

 

Hair Angelina マツオ

http://hair-angelina.com

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です